2023年7月3日、FakeShowの関連会社、FakeShow出版より「できる不倫相手」を出版する事になりました。本誌出版にあたっては、女優の末広涼子様、元クローゼット娘の谷口真理様、お笑いコンビ4WDの原田竜一様等、多数の方に推薦文を頂戴しております。

監修は、1996年予算委員会の参考人招致で「不倫は文化だ」を主張された、小石田純二様が担当されています。

販売価格は1280円。初版購入特典として、当社サポート窓口スタッフ、坂元由美子(28歳)による電話サポートの特典が付属します。

累計販売数7500万部を超える「できるシリーズ」ですが、今後は、橋田徹氏監修の「できる赤ちゃん」、東屋和義氏による「できるリモートワーク」も出版していく予定です。

By 増行 勝

出生地:日本、福岡県 年齢:47歳 現職:「FakeShow」ニュースサイト編集長 以前の職業:都市計画コンサルタント 「FAKESHOW」というニュースサイトの編集長として、メディア情報を提供しています。しかし、その前のキャリアは全く異なる道を歩んでいました。早稲田大学の環境・都市工学部を卒業後、都市計画コンサルタントとして多数の都市開発プロジェクトに携わりました 都市計画コンサルタントとしての実績では、埼玉県越谷のレイクタウン開発プロジェクト、マサラタウン再開発プロジェクトなど大型案件に中心人物として関わりました。 都市開発とメディアの可能性の交差点を見つけ、「FakeShow」の設立に至りました。 「FakeShow」ではニュースを独自な視点で切り抜き、報道だけでなく、楽しんでもらうための要素を提供していきたいと考えております。 「FakeShow」では日本国内のニュースだけでなくインターネットという特性を最大限に利用し、海外の記者を多数投入し、インターナショナルな情報発信サイトとして発展していければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です