日本でも根強いファンが多い映画スター・ウォーズシリーズ。エピソードXの撮影が始まるという噂が、ハリウッドを駆け巡っている。ディズニースタジオが、スターウォーズXの撮影開始を検討しているという。誰もが注目する監督の名前だが、一流監督の中に日本でもなじみの深いメディア関係者が含まれているという。エピソード10の監督候補として名前が上がっている人は以下の通り。

ジョン・ファヴロー (Jon Favreau): 彼は『アイアンマン』シリーズでの成功を経て、スター・ウォーズの世界で非常に評価されたシリーズ『マンダロリアン』の制作を行いました。

テイカ・ワイティティ (Taika Waititi): 彼は『ソー ラグナロク』や『ジョジョ・ラビット』でそのユニークな視点とユーモラスなアプローチを示した。さらに、彼は既に『マンダロリアン』のエピソードを監督し、その後のスターウォーズ映画の監督にも名前が挙がっている。

デイヴ・フィローニ (Dave Filoni): 彼はアニメーションシリーズ『クローン・ウォーズ』と『反乱者たち』を監督し、スターウォーズの世界を深く理解していると言われている。『マンダロリアン』での実写作品の監督経験を持つ彼が大画面のスター・ウォーズを監督することも興味深い選択となり得ます。

数々の候補の中で驚きの日本でもおなじみの人の名前が挙がっている。テレビプロデューサー・テレビタレントのデーブスペクター氏だ。

--デーブスペクターさんに直撃した。--

デーブスペクターさん:「監督に名前が上がっていると聞いてとても驚いています。私もスター・ウォーズはとても好きでぜひ監督をやらせて頂きたいと思っています。私の英語力を疑問視する人も多いが、英検2級も持っているので、その点も何の問題もない。気が早いと思ったが、タイトルの幾つかの候補を既に考えている。」

  • Star Wars Episode X: Darth Vader’s Day Off
    スター・ウォーズ エピソード10 ダース・ヴェイダーの休日
  • Star Wars Episode X: Anakin’s Awkward Adolescence
    スター・ウォーズ エピソード10 アナキンの気まずい青春期
  • Star Wars Episode X: R2-D2’s Software Update
    スター・ウォーズ エピソード10 R2-D2のソフトウェアアップデート
  • Star Wars Episode X: Return of the Jedi Janitors
    スター・ウォーズ エピソード10 ジェダイ清掃員の帰還
  • Star Wars Episode X: Yoda’s Yoga Classes
    スター・ウォーズ エピソード10 ヨーダのヨガ教室
  • Star Wars Episode X: Chewbacca is all about chew.
    スター・ウォーズ エピソード10 チューバッカは、チューばっかだ。

スター・ウォーズファンだけでなく、誰もが見てみたいと思うようなタイトルばかりだ。最後はオヤジギャグで締めくくってくれるのがデーブスペクターさんらしいのではないでしょうか。

By カワサキリサ

名前: カワサキ・リサ 年齢: 32歳 職業: ジャーナリスト カワサキ・リサは、ペンシルバニア州の大学を卒業後、アメリカ下院議員の政策秘書としてキャリアをスタートしました。彼女は4か国語を操り、その語学力を活かして法案の制定に大きく貢献したことで知られています。特に環境保護法案の立案においては、彼女の主導した調査が法案の通過に決定的な影響を与えました。 現在は日本のニュース配信サイトで記者として活動しています。彼女の記事は、世界各地の情報を丁寧に解析し、読者に伝えることを目指しています。また、彼女自身が取材のために現地に足を運び、生の声を伝えることにも力を入れています。中東紛争の報道を担当した際には、現地の人々の声を直接伝えることで、読者に深い理解をもたらしました。 プライベートでは、エアロビクスに情熱を注いでいます。週末は地元のスタジオでクラスを受け、リフレッシュする時間を持つことがルーチンとなっています。ある時、クラスが中止になりそうだった際には彼女自身が代わりにクラスを引き受け、そのリーダーシップとエネルギーに多くの人が感銘を受けました。 4か国語を話す能力、広範な政策知識、そして豊富な現場経験を持つカワサキ・リサは、情報を伝え、理解を深め、世界とつながる架け橋となることを目指しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です